2014年11月29日

一人書店オリジナルグッズのご紹介

最近はいろいろなサービスがあるもので!
SUZURIというサイトで、簡単にオリジナルグッズを作ってすぐに販売もできるというので思わずこんなものを作って販売を開始してしまいました。
こちらは完全オンデンマンドでして、注文が入らなければ商品が生産されません。画像は自動生成のサンプル画像なんです。だから「オリジナルグッズを作って売り出す」だけなら1円もかかりません。在庫をかかえることもありません。びっくりしますね。

マグカップ!



トートバッグ!



Tシャツ!



カラーのTシャツ!(カラーはなんと20色から選べます)



自分はガラケーなのにiPhoneケース!



調子に乗りすぎです。

表紙.jpgえー、こちらのデザインは平田真紀の処女歌集『自動扉』に使ったアイコンです。2007年発行。残部僅少。
一人書店グッズならいつもの、「平田真紀一人書店TOUR」のロゴを使えばいいようなもんですが、さすがにそれじゃあ誰もほしがらないと思って自動扉アイコンにしてみました。誰もほしがらないという点ではさして違わないかもしれませんがデザイン的にはクールだと思いますよこれ…わが子がかわいく見えるだけかもしれませんが。

自動扉マグできた小.jpg自分で買ってみた。
まあ〜サンプルとそっくり!あたりまえ?いやいや。「実物は画像ほどきれいじゃない」とか、そういうこともあるかと思ったけど、ちゃんときれいにできてます。
Tシャツも買おうかと思ってます。一人書店のコスチュームにも変化がないとね!
そのうちやっぱり一人書店TOURロゴのやつも作るかもしれません。
1個、1枚からでも注文できるから、1枚だけオリジナルTシャツ作りたい、というような方にも便利なサービスだと思いますよ、他と比べて特別高くもないですし。

誰もいらないと思うけどもし万が一気に入ってくださった方がおられましたらSUZURIサイトよりご購入のほど、よろしくお願いいたします。ご購入いただければ私が狂喜し、そして一人書店TOURの運営がちょっとたすかります。
posted by ひらたまき at 23:38| Comment(3) | 一人書店トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

平田真紀一人書店「西荻常設店舗」のご紹介

西荻常設店舗201409.jpg


アートギャラリー雑貨店「ニヒル牛2
■営業時間  12時〜20時 木曜日定休(と年末年始5日間)
■場  所  東京都杉並区西荻北3-26-5

こちらに当一人書店の「常設店舗」がございます。
写真のように金魚鉢でございます。
私は「ニヒル牛2」(にひるぎゅう・つーとお読みください)の、この金魚鉢を間借りしているのでございます。

こちらのお店はいわゆるレンタルボックスの元祖「ニヒル牛」の2号店です。ニヒル牛が箱貸しを基本にしているのに対し、ニヒル牛2はこのように金魚鉢や、くりぬいた地球儀、柱時計のおなか、ギターケース、人形のいない人形ケース、たらい、お皿、自転車の車輪、などなどを作家に貸し出しています。作家はそこを借りて好きなように自分の作品をディスプレイできます。

上の写真をごらんになると、私がいかに「ディスプレイ」が不得手かおわかりいただけますね。
なさけないことですが、金魚鉢に本をどっさり突っ込んであるだけでございまして。
しかし、ニヒル牛2というのは不思議なところで、どこに何があるかわからない、素敵な物や変な物のカオス空間で、そこにいらっしゃるお客様はついつい、ここにはいったい何が突っ込んであるんだろうか、とお思いになり、このような見にくい中から本を引っ張り出してごらんになってくださるようなのです。だって私の本が、多くはないですがちょろちょろ売れていますから。

今、こちらの常設店舗には、私の本がだいたい入っています。『中二階』はもうないですが、
『自動扉』
『東京ターボトラッシュ』
『する、しない、する』
『愛という教養、サムシング』
『浴室短歌』
『外部天井』
『よりぬき一人百首』
『詩のお楽しみ袋』
が入っていると思います。入ってなかったら売れてしまったので、「●●が欲しいんだけど入ってない」とお店の人におっしゃってくだされば、私がイソイソ納品しておきますので後日またお訪ねください。
大丈夫です、ニヒル牛2は何度でも訪れたくなるし、翌日行っても、昨日と違うすてきな物があったりします。

カフェも併設しています。ほうじ茶とお菓子のセットなどおすすめ。
西荻もアンティークショップや古本屋など豊富なお散歩スポットです。ぜひ一度お訪ねください。
posted by ひらたまき at 21:23| Comment(0) | 一人書店トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

まだ試作品ですが

裏紙ノート試作.jpgどうですかね、これ?

左がノート、右がメモパッド。ともに全て裏紙で作ってます。
「まき」のロゴタグも裏紙製です。
これは本ではなくて文房具です。短歌も詩も載ってません。
あるイベントのために作ってみたのですが、けっこうかっこよくできたなあと思うのですが、どうでしょうか!
こういうの作ってると、やっぱ紙はいいなあ、と思います。

この裏紙文具が登場するイベントについては、後日詳細を掲載します。おたのしみに!
posted by ひらたまき at 08:47| Comment(0) | 一人書店トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする