2018年04月24日

vol.36 第26回文学フリマ東京

ツアーロゴ01.jpg

一人書店TOUR VOL.36
第26回 文学フリマ東京


2018年5月6日(日)
東京流通センター 第二展示場

(東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分)
11:00〜17:00
入場無料


●便利なWEBカタログはこちら
 →平田真紀一人書店の紹介はこちら
●ブース配置図 1階 2階
一人書店ブースは1階G-19です。(入場時配布物にも案内図があります。)

さあ、春の文学フリマですよ!
新刊3種、持っていきます!

歯抜けできた_小.jpg『短歌 歯抜け旅団』
平田真紀

500円

西荻窪の「ニヒル牛」で先行販売中の短歌集です(こちらの記事をご参照下さい)。
とても小さな、うすい絵本です。

ちなみに旅団というのは旅をしてる団体のことじゃなく、軍隊の用語で、1000〜6000人くらいの部隊のことだそうです。
この本に出てくる旅団も部隊です。だけど、旅もしています。




TK_2018二度視る_小.jpg『二度視る』
橘一洋

800円

またまた出ましたよ、橘一洋さんの新詩集が!
なんというハイペース!
なのにこのハイクオリティ!
ここにおさめられている長い15編の詩は、読むたびに違った貌を見せ、そしていつまでも読んでいたくなる。
今まで読んだことのある方にも、はじめての方にも、期待を裏切らないできばえです!





たきこみ本できた.jpg『米1合に缶詰1個で炊き込みご飯』
平田真紀

650円

これは詩歌の本ではないです。こういう歌集、とかではないです。
4月8日の「グルメコミックコンベンション9」にて一瞬で完売した料理本です。
20部ちょっとありますので持っていきます。グルコミで買えなかったという方、こちらでどうぞ。

文学フリマでの頒布物の条件は「自分が文学と信じるもの」とされております。
この本はむしろ、文学ではないと信じています…それでは条件をクリアできませんので、「文学な付録」をおつけします。
今ね考え中でね、面白い付録になりそうですよ!決まったら続報出しますね。

posted by ひらたまき at 08:42| Comment(0) | ツアー実施情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: