2015年07月07日

vol.24 第19回TOKYOポエケット レポート

レポート遅くなりました。第19回TOKYOポエケット、無事終了いたしました。
雨の中ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
主催者の皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

7月5日は一日じゅう雨。じめじめとして肌寒く、いかにも出かけたくない天候でした。そのためか、例年に比べて人出の少ないポエケットでした。

24TPK01.jpg今回のブースです。
私の新刊『庇』と既刊『外部天井』。橘一洋さんの『債務の整理』と『レモン小路』、以上が詩集。左側に見えるクラフト封筒の一群が、一昨年の「詩のお楽しみ袋」残部半額処分(50円!)。あとはそろそろラストスパートに入りつつある「さすらいのしりとりブック」(右奥)。

あんまり、というか全然詩人仲間もいず、人気もない当店は、人出が少ないぶんだけダイレクトにお客様が少なくなりまして、売上としては微々たるものでしたが、それでも「わ、この人が私の本買ってくれた!」という驚きやうれしさ、訪れてくれた人と詩や詩集について話のできるたのしさなどは、詩人のあつまるポエケットならでは。今年も楽しいひとときをすごしました。

私はこの10年ほどは短歌中心の活動をしていますが、今回は短歌の本を1冊も持って行きませんでした。何回かポエケットに参加して思うに、ポエケットではやっぱり短歌や俳句より詩のほうが人気あります。詩ばっかりの中に一つ二つ、短歌や俳句のブースがあるのも楽しいとは思いますが、私はせっかく詩も書いているし、じつは詩のほうが短歌より前からやっているし、いつも歌人の顔してるけど心おきなく詩人の顔ができるのも楽しいので今回そうしてみました。
動機としてはたいしたものじゃないつもりでしたが、平田真紀が短歌の本を全然持って行かないというのは、世間的にはどうでもいいこととは申せ、けっこうな冒険だったなと後から思っています。
歌人だからって、詩人をやめなきゃいけないわけじゃないんですものね。

24TPK02.jpgそれと、これは前からそうだったのかどうか、あまりチェックできてなくてあれなんですが、今回はブースが「見本誌コーナー」の真横だったのでよく見え、ポエケットの「見本誌コーナー」はガッツリ座り読みができるんだということを知りました!
どうですか!この真剣な座り読みっぷり!常時何人もの方が、座り読みや立ち読み、ザッピング、なぜかご自分好みに並べ替え、などをしてらっしゃいました。文学フリマくらい大規模なイベントだと、見本誌コーナーに椅子を置くのは無理でしょうが(人が多すぎるので通行を阻む椅子は危険)、コンパクトな開催のポエケットではこんなことができるんですね。じっくり本を吟味できますね。

それと、ポエケットでは毎回、朗読のライブがあるんですが、そのときもご来場の方には、そこらへんに余っている椅子を適当に出して、座っていただけます。いちいち比較してあれですが文学フリマでは、各ブースの椅子の数まで事前申告制で、あとから人が増えたから椅子を貸してくれって言ってもだめなんです(しょうがないことですが)。そういうフレキシブルさもポエケットのいいところ。あとは、今回新刊のおまけに美味しいものをおつけしましたが、そうしたことも一切禁止のイベントが多い中、ポエケットではあまりうるさいことを言わないでくれます。これも主催者の目が行き届くくらいの規模で行われているからこそでしょう。

しかし、いつも同じ事を書いている気もしますが、そういうコンパクトな、詩人のサロンのようなポエケットは、一般のお客さんが少なく、いまひとつ風通しがよくない感じがするのも事実です。ポエケットのいいところを上手に活かしながら、出店者はまだまだ面白いことが考えられるはず。本づくり、見せ方、売り方、すべてにおいて。
一人書店ももっと面白くしないといけません。サロンの居心地よさに甘えてばっかりではね。次回はまた何か面白い企画を考えたいと思います。

posted by ひらたまき at 21:43| Comment(0) | ツアーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: