2017年03月29日

vol.31 第一回文学フリマ前橋 レポート

「詩のまち」前橋!

BFMB02.jpg第一回文学フリマ前橋は、冷たい雨にもかかわらず、なかなかの盛況になりました! ご来場くださった皆様、出店者の皆様、主催者の皆様ありがとうございました。

年末にぎっくり腰になり、3箇月たってもまだ重い物が運べず(※1リットルのオレンジジュースを買って帰るのもためらう状態)、長時間の座りっぱなしも心配だったこともあり、前日から前橋入りしてホテルで腰を休め、翌日文学フリマ、その夜もホテルで腰を休めて翌日帰るという、関東圏では初めての2泊遠征となりました。もちろん本の運搬は全て宅配便まかせです。でっかいカートに全てをつめて全国どこでも出掛けて行くぜ、の一人書店としては遺憾ですが、ま、こういう時もあるでしょう! 結果としてこのプランは正解だったようで、ぎっくりすることもなく、今ちょっと腰の痛みが増してるくらいで済んでいます。よかったです。またカートで出掛けられる日は来るんでしょうか…今ちょっと来そうな気がしませんが…

ハッ、腰のことばかり書いてしまった。
そんなわけで前日に前橋に着いていたのですが、前日の暖かさが嘘のような氷雨が朝から降り続き、「あ〜、こりゃもうダメかもなハハハ、お客さん来ないわな」と思ってしまいましたがどっこい、前橋のお客さんは裏切らなかった。
東京開催のように、会場と同時になだれこむお客さん!途切れない人の波!みたいなことはありませんが、一日中、常にいくらかはお客さんが会場を周回している感じで、「あ〜暇。誰も来やせん。今この会場、関係者しか居ないじゃん」みたいにダレる時間がありませんでした。

BFMB01.jpgこちら今回のブース。
今回はさすがに「詩のまち」というだけあって、私の短歌の本よりも、橘一洋さんの詩の本がよく売れました。売上ダービーをこっちでやっていたら私の負けだった!
だいたい、同じだけ本を持ち込んでも、私の本のほうが売れるんですよね、いや自慢してるわけではなく、やっぱり作家本人がブースに常駐してることが大きいんだと思います。ブース位置も定型詩のエリアですし、定型詩めあてのお客さんが多いですしね。でもねえ今回は、明らかに、短歌よりも詩のほうが、お客さんの食いつきがよかったんです。本を手に取られる回数も、明らかに橘さんの本に負けてました。「詩がお好きなんですか?」と声をかけると、笑顔で「はい♪」と答えてくださる方がたくさん。うおぉ、こんなまちがあるなんて。いいなあ、やっぱりツアーは楽しいなと思いました。

BFMB03.jpg前橋駅の中にある物産館で買った「花ぱん」をおやつに。会場と同じ階にコーヒーショップがあるので、ホットコーヒーをテイクアウト。会場は玄関からの風が吹き込み空調も大してきかない氷の世界(誇張表現)だったので、あったかい物でも飲まにゃ、凍えそうでした。外はもっと寒かったんですけどね。でも室内とは思えぬ寒さ、しかも雨の湿気も入ってくるので、午後には本がちょっとシンナリしていました。

そうそう、前橋のお客さんは!詩がお好き、ということともう一つ、「しりとりに尻込み」!
「しりとりをしてくださいませんか?」と声をかけると「いやいや…」「いいです、いいです」などと言って手をヒラヒラさせながらフェイドアウトしていく方が多く、ううむ、奥ゆかしい(?)、大阪みたいに私が声かけなくとも「何ですかコレ?」「書いていいすか?」ってグイグイ来る土地もあるのに。やっぱりツアーは面白いです。
というわけで、しりとりブックの「大トリ賞」まだですよ〜!!!!ドキドキしますね(私だけか)。

一人書店TOURは続きます、ぎっくり腰でも続きますよ!

posted by ひらたまき at 08:33| Comment(2) | ツアーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする