2016年07月11日

vol.27 TOKYOポエケット レポート

一人書店も、あんがい一人じゃない

第20回TOKYOポエケット、無事終了いたしました。
ご来場くださった皆様、出店者の皆様、主催者の皆様ありがとうございました。

今回、写真を撮るのを完全に忘れていたため、画像を1枚もアップできないという当サイト始まって以来のお粗末な事態に。面目次第もございません。最近どうも色々抜けてまして、私生活でも。だけど写真撮るの忘れるくらいで済んでよかったです、財布忘れるとか出品する本を家に忘れるとかポエケットに行くの忘れるとかじゃなくてよかったです。オリジナルTシャツまで展示した豪華なブースや、春からの激ヤセで調子に乗った若づくりコスチュームなどをお目にかけられず残念ですが。

梅雨の晴れ間となった今回は来場者も去年より多く、2種の新刊だけでなく既刊本もちらほらと売上が。ポエケットはやはり本気なお客様が多いので、ブースに置いてある本を全部一通り立ち読みしてくださる方が何人もいらっしゃって嬉しかったです。
しりとりも進みました!回文作家の方が回文でしりとってくださったり、ポエケットならではの濃い内容のしりとり!でもまだ最後のページまではいきませんでしたので、「大トリ賞」は次回以降の一人書店に持ち越しです。

半分私事ですが、今回は旧い友人が2人、遠方から訪れてくれて、どちらの友人もポエケットに来てくれるとは全く予想していなかったので、顔を見てもすぐには誰だか分からないという大変失礼なことになってしまったのですが(そういうことってありますよね?ね?!)、ものっっっすごく嬉しくて、ああ、長く続けてきてよかったなあと思いました。それと今回初めてポエケットの打ち上げに出席させていただき、初めて出会った方や、今までポエケットでお顔だけは知っていたような方たちと、お酒とお喋りの楽しいひとときを過ごしました。作品を作ることと発表すること、そのことだけを研ぎ澄ましていけばいいんじゃウラァ、とか思って今までやってきちゃった感じなのですが、作品を作ったり発表したりしている間に、私のごとき一人書店のまわりにも、たくさんの方たちがいてくださり、いろんな結び目が、気がつかない所にもできていたりするんだな、やっぱり、長くやってきてよかったなと思いました。

まだまだやりますよ!

posted by ひらたまき at 21:51| Comment(2) | ツアーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする