2014年10月05日

vol.18 パラソルギャラリー2014 レポート

parasol04.jpgパラソルギャラリー2014の1日目、無事終了いたしました!
(2日目の今日は雨なので地下通路で開催しているようです。一人書店は1日目のみの参加でした。)

昨日は幸いお天気ももち、一日中人通りのとぎれない千葉駅前大通りでした。
デパートや銀行、ホテルなどの大きな建物がならぶ大通りの歩道上に、100本の白いパラソルがならんだ様子は壮観でした。



parasol01.jpgこちら今回の一人書店ブース!
いつもの雰囲気が違うでしょう!
たいていのイベントでは、パラソルやテントは参加者が自分のを持ち込むんです。どちらも持っていない一人書店は、でかい傘をカートに取り付けて日よけにしたり、何もなしで日ざらしになってたりします。また机も、たいていは自前です。車を持ってない一人書店は机を運べず、100均で買ったラ(今は略)。それが今回はこんな立派なパラソル、机、立て看板までがあらかじめ用意されているのです、ブラボー!

このイベントは、いわゆるフリーマーケットではなく、街や通りを楽しく美しく演出し、みんなが楽しむためのイベントなのです。だから何より「景観」重視!参加者には事前に「展示のてびき」みたいな文書が送付され、くれぐれも、かっこ悪い展示や、みすぼらしい展示や、私物が丸見えの展示などはしないようにと言い渡されます。また、来てくれたお客さんが楽しめて、参加者とも交流できる「スタンプラリー」の景品も手作りして出すようにと…。
この私にかっこいい展示をしろというのか、しかもててて手作り品を出せと、なんという難題をつきつけるのだ、と青ざめもしましたが、おかげでいつもだったら絶対にやらないことに色々挑戦することが出来ました!主催者に感謝です。

parasol02.jpg「販売よりも展示をメインに」とのことなので、もともと本しか置くものがない当一人書店としては困って、今まで作ってきた短歌ポストカード(販売したものもあれば、誰かにさしあげるのに1枚だけ作ったものも)を所狭しと飾ることを思いつきました。うちのプリンタは最近調子が悪いため、ネットからデジカメプリントの要領でポストカード大の写真を注文し(ポストカードを注文するとお高いので単なる写真として注文)、30枚用意。それをフレームやスタンドやクリップでたくさん飾りました。
これはなかなかきれいで、道ゆく人たちも足を止めて見てくださり、本を手にとってくださる人もたくさんいらっしゃいました。「あまりグイグイ、セールストークをしないように」とも言われていたので、いつもより静かにしていたのですが、それでも何人かの方が本をご購入くださいました!

parasol03.jpgさあそしてスタンプラリー用に出した「工作」、裏紙ノート。数日前の写真で6冊あったのが5冊になっていますね、そうです、一人、もらってくださった方があったのです。ううう嬉しい。よかった、0人じゃなくて!そして「スタンプラリーはめんどくさいけど、これは欲しい」と言ってくださった方や、「あ、これも景品だったの!こっちをもらえばよかった」「売ってないの?」などと言ってくださった方もあり、私としては「よっしゃあぁぁぁぁ」という気持ちでいっぱいです。
すのこにかわいいシールが貼ってありますが、これはお客様がくださったのです。八百屋さんでくれたシールだそうです。それを私にくれて「どこかに貼れば」とおっしゃるのでここに貼ったら、あとからみえたお客様に「秋らしくてかわいくていい」と好感触、こどもたちもこのシールが気になるのか、通りすがりにプニプニ触っていきます。こんなことも、野外市のたのしみのひとつです。

近くでリコーダーアンサンブルの生演奏があったり、お客様とおしゃべりが盛り上がりパンやお菓子をいただいたり、のんびりとした雰囲気のなかで、終始リラックスして楽しみました。公園などの、閉じた…というか囲まれた場所での野外市もいいけれど、このように人が通り抜ける街路でのイベントも、実にいろいろな人が通りかかって、楽しいものだなあと思いました。
posted by ひらたまき at 15:20| Comment(0) | ツアーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする