2017年09月17日

2017年 秋のイベントのお知らせ

一人書店・10月のイベントのお知らせです。

----------

10/7(土)
ウエノ・ポエトリカン・ジャム5
Open11:00 Start11:30(終演20:00頃)
入場料無料
@上野恩賜公園水上音楽堂


日本最大の詩の野外フェス。
オープンマイクで短歌の朗読をします(一人書店の出店はありません)。
出演は第五部で、18時過ぎの見込みです。
詳細は続報をお待ち下さい。

----------

10/21(土)
甲州こみち市
15時〜20時 (雨天中止)
甲州夢小路(JR甲府駅から徒歩3分)


昨年も参加した甲府の夜市に、今年も一人書店の参加が決定しました!
最新歌集『TANKA NUMBERS』の販売と、それにちなんだ今回限りのイベント「レザーしおりに数字スタンプ押し邦題で、自分だけのかっこいいオリジナルしおりを作ろう!」を行います。
こちらも詳細は続報をお待ち下さい。

----------

さらにそのあとは11月の「文学フリマ東京」がひかえています!
何をやろうかな!!!
とりあえずは10月のイベントをお楽しみに!

posted by ひらたまき at 16:24| Comment(0) | ツアー実施情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

vol.32 第24回文学フリマ東京 レポート

遊びがないと弱かったか…?

BF2017TKM_01.jpg第24回文学フリマ東京、無事終了いたしました。
ご来場の皆様、出店者の皆様、主催者・スタッフの皆様ありがとうございました!
GW最終日、初夏らしい爽やかな天候は室内同人誌即売会日和では全然なく、皆さん思わず外へ遊びに行っちゃってるんだな、と思わせるイマイチな人出。しかし東京開催の文学フリマは「いつもより人少ないな」と思うくらいであっても十分な賑わいなのでした。

BF2017TKM_03.jpgさて新刊2種を持ち込んだ今回の当ブース。
「間に合わないか?!」と危ぶんだ新刊が両方とも間に合ったのが嬉しくて、これだけにしました。

並べるアイテムをどうするかは、いつも迷うところです。
在庫もいろいろあるし、どれもいい本だし(自分ぼめ今日も絶好調)売りたいし、きれいに並べれば感じもいいし…とは思うのだけれど、いろいろ置くとそれだけ新刊が目立たなくなっちゃうんですよね。
今回は新刊の準備がぎりぎりで他の本のことを考える余裕が無かったのもありましたが、非常にシンプルなブースに。
わかりやすくて良かったみたいです。人出がいまいちなわりには、たくさんの方に手に取っていただけたと思います。見本誌コーナーやSNSなどで見て予め購入を決めてからブースに来て下さる方も、最近は多くなりました。ありがたいことです。SNSは昨年夏まで「そういうのキラーイ」などといってほとんどやらずにいたのですが、やり始めるとこれがなかなか、活動を多くの方に知っていただくためには役に立つツールだということがよくわかりました。

でもやっぱり何も知らずに現場に来て、「何だろうこの本」って手に取って、「へー面白いな」と思って、「一冊下さい」!!!そういう買い方してくださるお客様に出会うと、興奮しますね。これからもSNS偏重にならず、当店は現場第一主義でやっていきたいと思っています!

前回やったような売上ダービーや、物々交換などのイベントを今回は何も仕掛けませんでしたが、何もやらないと普通のブースになってしまい(いや…本来それでいいはずですが)、ちょっと訴求力弱かったかなあ?とやっぱり思いました。遊びを企画するのは大変で正直ヘトヘトにもなるんですが、何かあったほうが自分も面白いですからね。今回、ターリー屋さんのカレー弁当を食べながら、ちょっとカレーがらみの遊びを思いつきましたので次回やるかもしれません(カレーがらみって!)。

BF2017TKM_04.jpgそのカレー!
ターリー屋さんのカレーはおいしいと評判なのですが、いつもお昼どきは列がすごいので、ほかに店番のいない当店としては諦めざるをえず、今まで一度も食べたことがなかったのです。念願かなって、今回やっと食べられました。13時半を過ぎる頃には列もマイルドになり、それほど待たずに買うことができました。

BF2017TKM_02.jpgバターチキンカレー600円。やすい!
おいしい!
でも40代後半の女には、量多い!
そしてブースの中では食べづらい!(会場内にはちゃんと食べる場所がありますが一人書店は店番いないので思いっきりブースの中でカレータイム)。
でも次回もぜひ食べたいおいしさでした。
ご来場の皆様もぜひどうぞ。カレー以外にタンドリーチキンとか、タピオカドリンクとか色々ありますよ。
地方開催の文学フリマでも、ぜひこういうフードブースを作ってほしいですね!あとご当地おみやげブースね。なんていうかね、文学や本と関係ないようだけどね、同じ場所においしい物売ってるだけで、なんか気持ちがツヤツヤになるじゃないですか。カサカサよりツヤツヤのほうが断然いいじゃないですか。

BF2017TKM_05.jpgそれとこれは会場限定なのかな?文学フリマ名物と名高い「キーマカレーメロンパン」も買ってみました。賛否両論あるこのパンですが、私は大いに気に入りました。おいしいですよ〜!甘い&しょっぱい&スパイシー!すごくビールに合います。会場内は飲酒禁止なので(たぶん)、テイクアウトでビールのおともにどうぞ!



今回の当店の新刊が、読んで下さる方の心もお肌もツヤツヤにしますように!

あ、しりとりの「大トリ賞」まだ出ません!
なかなか出ません!
はっ早く出したい〜〜〜!
来たれシリトラー!

posted by ひらたまき at 08:41| Comment(0) | ツアーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

5/7文学フリマ東京 新刊間に合いました!!

前記事で「企み中」だった新刊、できあがりました!

NUMBERS_小_.jpg

TANKA NUMBERS
平田真紀 500円

短歌集です。
数字が好き。
みなさんはどうですか?
私は数字が大好き。数学も、できないけど好き。
言葉に力があるように、数ってものにも力があるんじゃないか。(多数決なんて意味じゃなく。)
短歌と数字のマリアージュもしくはバトルロイヤル!
お互い一歩も引かない45首。お楽しみください。

そしてさらに、橘一洋さんの新詩集もできあがりました!
TK_2017それはそれ_小.jpg

それはそれ
橘一洋 600円

作者が「手こずったけれど、手応えがあった」と語る新作13編を収録。
もはや一種の名人芸に達していた(達してしまっていた)橘マジックともいうべきテクニックを封印し、言葉と、それを詩に編むということに対してあらためてゼロから向き合ってこれらの詩は生まれたのではないだろうか。
禁欲的でありながら貪欲な詩人の触覚がそうしてとらえたものは、「時の流れ」。
この詩人は空間を跳梁し、ついに時間まで支配するのか。
静かな興奮を、ぜひ、あなたも!!!!!

会場では見本誌コーナーに置くほか、ブースでの立ち読みも熱烈歓迎します!
遊びに来てね!

しりとりブック04.jpgしりとりブックも待ってます!
今度こそ大トリ賞、持ってっちゃって!



posted by ひらたまき at 18:52| Comment(0) | ツアー実施情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする